美容に良い朝ごはんの食べ方

朝ごはんをしっかり食べることは、健康面でも大切なことですが、
美容にも大きな意味を持ちます。
特に朝ごはんとして適している食材をいくつかあげてみます。
やっぱり果物。
食物繊維が豊富なバナナやリンゴなら、腸内環境を整えてくれます。
また、みかんなどの柑橘類は、脂肪燃焼し、基礎代謝アップにもつながるので
ダイエットの補助食品にもなります。
みかんの香りには、ストレスを軽減する効果もあるそうです。
そしてレモンの香りと酸味には体内時計をリセットしてくれます。
交感神経を活発にするので、活動するためのスイッチをONにします。
そして生姜も良いですね。
ショウガには身体を温める効果があるので、代謝を上げる事ができ、
ダイエットにも効果があります。
忙しい朝には、スープに紅茶など温かい飲み物に、チューブの生姜をささっと
入れるだけでも良いですね。
そのほかにシリアルを取り入れている方もいるのではないでしょうか。
シリアルは栄養バランスを考えたうえで作られているし、なによりも手軽。
ビタミンやミネラルなどの肌にも良い栄養素が多数含まれています。
さらに食べやすく豆乳や牛乳をかけるとイソフラボンやカルシウムに
たんぱく質・ビタミンも取れるのでバランスも良くなりますね。
色々工夫してみると出来ることたくさんありますよ。

春のUVケア方法!

もう春がやってきていますね。冬と違って春はおしゃれをして外に出かけたくなる人も多いのではありませんか?
そこでお洒落も必要ですが忘れてはいけないのがお肌のお手入れです。

春からもたくさん紫外線はやってきていますよ。
大部分の人が紫外線対策は夏からでも良いと思っているようですが(私もその内の一人です)、UVケアの対策は春からが本番と思って良いと思います。

紫外線対策は一年中必要になりますが、春は乾燥と紫外線対策の両方を必ず行なって下さい。
特に紫外線対策には今から力を入れておく必要があります。

既に薬局でも販売されていますが日焼け止を活用し首元までしっかりと塗りましょう。
よく日焼け止めに記載されている「SPF」や「PA」は数値が大きい物を選び、日常的に使用する場合はこまめに塗るようにしましょう。

春は季節の変わり目でもあります。その日のお天気や自分の行く場所によって自分に合った紫外線対策を行なうのが効果的です。

夏はよく日傘さしたり帽子を被っている人を見かけたりしますが、出来ればこの行動も春から心がけて行なう方が良いと思います。

天気も気分も心地よく過ごせる季節だからこそしっかりと対策を立てましょう。

 

まつ毛エクステもまつ毛パーマも美容師の国家資格が必要です

最近流行の「まつ毛エクステ」と「まつ毛パーマ」を他人にするためには美容師免許が必要になります。
髪を切るわけでもないのにどうして美容師免許という国家資格が必要になるのでしょうか。
そもそも他人の体に触れる仕事には資格が必要になんです。
その辺のラインがかなり曖昧なものになっていますが、誰かをキレイにしてあげたいと思ったらしっかりと美容師の国家資格を取得して正々堂々と胸を張って美容の仕事をしましょう。
2008年以前はまつ毛エクステもまつ毛パーマも資格は必要ありませんでしたが、施術をするにあたり事故が増えたという背景もあり美容師の資格が必要になりました。
もちろん、2008年以前からまつ毛エクステやまつ毛パーマを仕事としていた人の中には、美容師資格が必要となった現在でも営業を続けている人もいますが、美容師の資格を取得するにはヘアカットなどの技術のほかに衛生管理などの勉強もしなければなりません。
人の体に薬剤をつけてきれいにするのですから、技術だけではなく薬剤を使うことによって体に起こるかもしれない事をしっかりと理解しておく必要があります。
「事故がなければ無資格でもいい」ではなく。
事故にあわないよう、事故を起さないよう、キレイでいるためにはしかりとした知識が必要です。
知識として必要になるのが美容師という国家資格です。